10 -<< 2017-11 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 -
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しの森日独交流

昨日まで
癒しの森日独交流会&森林セラピー全国大会が
信濃町で行われました。
ニコルさんとヨーロッパで有数の保養地
「クナイプ療法発祥の地バートウェリスホーフェン市」から保養課長さんが
そして上原先生に私も講演しました。
林野庁の末松部長も来て下さり
森林についてまた森林療法について内容のものすごく濃い
5時間でした。
本当にあっという間の。
信濃町の癒しの森の未来像・・というか森林療法の未来像も
お示しすることができたと思っています。
またまたがんばらなくては(^^)

ドイツの課長さん・・といっても
ヨーロッパの保険保養関係の部長さんもやっていらっしゃるようですが
3日間丸まる一緒に過ごさせていただき
大変勉強になるお話をいっぱい聞かせていただきました。
その中で
もうすでに・・信濃町はヨーロッパの有数保養地に並ぶ
景観や森や歴史やロードはあり、それらは十分にすばらしく
さらに療法もかなり近いところへ来ているそうです。
あとは医師がもっとどう絡んでくるか・・
やはりそこのようです。・・お国柄もあるのでしょうが。
われわれの当初からの夢
『歩くことに、森を歩くことに、予防医療に保険点数をつける』
『医師が普通にそれを処方する』
そのためには・・どうしても国を動かさないとならないですから。。
それと、行政と町の・・町民のそこにかける
森林保養型観光地・・いわゆる滞在型保養観光地に突き進めるかどうか
ココだそうです。


すごいお話をたくさん聴きました。
何かを各方面に示していきたい・・発信していきたいと思います

主会場の黒姫高原
DVC00037.jpg

森林整備体験・・・日本で二台しかない「ハーベスタ」
DVC00019.jpg

森林療法体験・・・保養課長さん♪
DVC00058_20111017152212.jpg

DVC00010.jpg

DVC00011_20111017152213.jpg
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 体験

コメント

えっ?!水行してる、、、
さすがドイツ人!!

他の事をかくつもりが衝撃で忘れてしまいました
そうそう、所さんの「笑ってこらえて吹奏楽の旅」をDVDに入れたので送ります
なんで送ったかは見たらわかっていただけるかな?

No title

きんこちゃん

はいな。
今日はちょっと寒いけれど・・どうしようかな

一瞬こちらが躊躇している間に
靴下脱いでいらっしゃいました・・ハハ

水を冬でもかぶる私に負けないぐらい・・冷たさにお強いようでした。。
さすが全ての療法を管理していらっしゃる保養課長。
そして
さすがドイツ人です(^^)

DVD
楽しみにしています。
森の演奏会でしょうか??

No title

「森を歩くことを
医師が普通に処方する」
その言葉から浮かんでくるのは
お医者さんにかかっている人だけでなく、
子供も大人も、みんな普通に
森を歩いている様子です。
今はまだ少し特別なことかもしれませんが
これがいつか「普通」になったら
やわらかな笑いが響きそうですね。

No title

ニチコさん

はい。
普通に・・
昔のように・・
みんなが森へ行き
森を歩き
森と共存して
結果・・健康をいただく

そんな世の中を夢見ています(^^)

さて・・今度は
森のようちえんの全国大会での発表です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

神戸の学校でこなのをやるようです
ちなみに私の妹の母校です

*******
東日本大震災のボランティア活動内容は日を追って変化していますが、阪神
淡路大震災の震源地に近い神戸学院大学では、このほど木工プロジェクトを企画したそうです。継続活動しているなかでの現地聞き取り調査によって、
供用ベンチや踏み台、表札や収納棚の要望があったことに応えたカタチです。
木材を持って行って一緒に作ることで、木が持っている以上の温もりが宿った
ことでしょう。

先般の台風は記憶に新しいところですが、自然の猛威に朽ちた木もあれば、
土砂災害を防いだ木もあります。日本の国土の約7割は森林におおわれているといいます。この秋、紅葉狩りなどにお出かけの際には、日本の森林、そして木がもつ本来の力に思いをはせながら木々を眺められてはいかがでしょうか。

折しも10月は林野庁などが主体の「木づかい推進月間」であり、さらに今年は国際森林年ということで、全国各地で木にまつわるイベントが予定・実施
されているようです。

<ご参考>
●「平成23年度「木づかい推進月間」について」(平成23年9月30日、林野庁)

No title

なるほど・・・
面白いねぇえ
学生さんたちは学生さんたちにしかできないこと。
年が近いが上にできること。

やるのがベストだなぁぁ(^^)

昨日テレビでやってましたが
防災林があるのとないのでは
あると半分しか津波が距離的に行かなかったと。
また
あることによって船とか大きなものが止められ被害が大幅に減ったと。
こういうのも・・ボランティア活動でこれから必要になってくるところですね
きっと。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

こーりきー

Author:こーりきー
信州・信濃町から森林メディカルトレーナーがお届けする森の時間・森の持つ力、田舎・雪国のすごさ・・・黒姫の山奥から高力がお届けしています(^^)

 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。