10 -<< 2017-11 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 -
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

啓蟄

一昨日
『雪虫』が
山でも
蠢きだしていました。

啓蟄ですねぇ。
しっかりまだ雪に囲まれていますが
暖かくはなってきました。

この雪虫君
「セッケイカワゲラ」

言います。
1センチほどで
真っ黒ですが・・
触ると丸くなって
かわいいやつなんです。

でも・・決して手の上に乗せてはいけないんですよ
死んでしまうんです。
彼らは
他の生物たちと
さかさまの活動をするんです。
季節を逆にすることにより、雪の中で成虫として生き延びて
子孫を残します。
飛べないので
雪の中をせっせと歩きます。
きっと飛べないから、過去に寒い中で生き延びることを
種として選んできたのでしょう。

そして
寒い中で
子孫を無事に残すと・・死んでしまいます
なんて
潔いんでしょう


sekkei2.jpg



スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 体験

コメント

私の印象は雨が降る前にゲレンデで見る虫かな
触ったら死んでしまうとは知りませんでした

No title

自分達の生き方を知っている生き物は
人よりも、たくましく思えるときがあります。

また、私たちが一生懸命生きているように
虫たちも一生懸命生きているのですね。

No title

きんこちゃん

うん・・ゲレンデに雨が降るころに見る虫
間違ってないですね(^^)

そう
触ったぐらいじゃ大丈夫だけれど
手の上に乗せていると・・基本寒いところで生き延びてきたものだから、体温が上がると死んでしまいます。

すごい話ですね
人間のほうからの常識じゃ考えられない。

もっとも
鳥がなぜ飛べるかというと・・特に急に飛びたてるのは
体温が42度あるからなんです。
ヒトも42度で生き延びられたとしたら・・空を飛べるかも

真剣に一時考えました・・・ハハハ


No title

ニチコさん

ヒトは
きっと自然界ではもっとも弱い生き物のひとつなんだと思います。
だから・・ものを使うことを覚え
言葉を使って群れることを覚え
火も使うようになって
ある意味・・・自分たちに危険をもたらす自然を制圧しようなんて考え始めたのです。

もっとも
強いのは・・
植物だと思います。
特に
単細胞系の・・・藍藻などは
最近すごいもんだと思っています!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

こーりきー

Author:こーりきー
信州・信濃町から森林メディカルトレーナーがお届けする森の時間・森の持つ力、田舎・雪国のすごさ・・・黒姫の山奥から高力がお届けしています(^^)

 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。