08 -<< 2011-09 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 -
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットがつながらない事態が起きて
一週間。
ブログも滞りましたが
いかに・・ネットに依存しはじめている自分がいるか、わかりました・・ハハ
メールが開けないということがどれだけストレスか・・
いけませんね。
でも・・お客様ダブルブッキングするわけには行かないし・・・ねぇ。
さて、どうする??


23-25までアファンの森で
被災地の方支援『心の森』第2弾が行われました。
今回もすばらしい出会いがありました
そして
また
大事な私の子どもが増えました(^^)

小学四年の彼、帰った翌日に電話かけてきてくれました。
そして
毎日がんばって
大人になったら必ずまたいく
大学で森について勉強してコーリキーみたいになる
と。
いとおしくてたまりません。。

同時に子どもたちは強い。
彼らに乗り越えられない試練なんて無い
今回のことで新しい何か「役割」を受け取ったのだろうけれど
それがきっと
日本の未来のためになるんだと思う
そして
乗り越えるチャンスを・・・機会を作るのがわれわれの「役割」だろうと思う

次回は
10/10-12
仙台市の被災されてしまった方たちを迎えてです。
今度は
「復興のための森の再生プロジェクト」
新しい側面を
さまざまな役割の可能性を
感じてもらいたいと思っています。。



23-27は
昨年もいらしてくれた
韓国のハンリンソンシン大学の生徒さんたちが
今年も
森林療法を学びに来てくれました。
日程がダブりましたが
私も最後の二日間は
しっかりと講義しました。

リハビリセンターはこれからは森のそばに作るべきだ
とか
介護ケアにも心のケアに森を利用するべきだ
とか
カウンセリング的なものは森でやれば効果が何倍も違うだろう
などなど
最後の感想で出ました。
うれしいことです
今後ますます
民間交流を深めるため

そして
信濃町をモデルにしたいという教授の意向もありまして
大学と信濃町と癒しの森事業推進委員会で
環境やエネルギーも含めた「癒しの森協定」を結びました。

さあ
いよいよ
海の枠を取っ払って
邁進です

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 体験
 

プロフィール

こーりきー

Author:こーりきー
信州・信濃町から森林メディカルトレーナーがお届けする森の時間・森の持つ力、田舎・雪国のすごさ・・・黒姫の山奥から高力がお届けしています(^^)

 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。