10 -<< 2011-11 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 -
 
先日
信濃中学校の1年生が
授業の一環としてふるさとを深く知って研究してまとめる
ということで
3人が『御鹿池』について知りたい

私のところへ来ました。
御鹿池をまず見て
それから成り立ちなどを聴きたいということでしたので
一緒に散歩しました。
かわいくて・・いろいろ教えながら歩いていたら
まだ帰りたくないって・・うれしいこと言ってましたっけ(^^)

御鹿池ですが
もともとは
江戸期に雲龍寺が管理していて
昭和28年に堤を作って、坂上温水ため池として
「爪痛沢」とも「ちべた沢」とも言われるものすごく冷たいお水を
柏原の田んぼと野尻の田んぼや野尻湖へ水を少し温めて送っています。
また名称ですが、
裏に御鹿山を抱えているので
御鹿池といつからか呼ばれるようになったようです。

当日の御鹿池
DVC00018.jpg


スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 体験
 

プロフィール

こーりきー

Author:こーりきー
信州・信濃町から森林メディカルトレーナーがお届けする森の時間・森の持つ力、田舎・雪国のすごさ・・・黒姫の山奥から高力がお届けしています(^^)