12 -<< 2012-01 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 -
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒中お見舞い申し上げます

今年は賀状を出せない・・なにか
・・喪に服しているようなそんな気分でした。
それほどまだ心に深い爪あとがあります。
宮城に居るおじさんや仲間たちと連絡がなかなか取れず、
福島の親父の実家や親戚の方たちが水素爆発を受け
ずっと避難している中、
地元のスキー仲間が震災直後になくなり、
ずっと引きずっている自分が居ます。

仲間のアファン財団との「心の森プロジェクト」で被災地のかたがたを
・・・特に子どもを森に受け入れ、希望もいっぱい見出せました。
が、
息の長い活動が
大事だと痛感しています。
特にこれからは「心」のケアが大事だろうと感じてもいます。

また、被災地自体の復興にも知恵を出したいですし、
被災地の「森」の復興もとてもとても大切なことです。
そんな中、被災地の子どもたちから賀状をいただきました。
また、1/2の新聞には長野県の取り組みとして
「一村一自然エネルギープロジェクト」が発表され、
少し将来が見えてきた気がして賀状メールだけは
何とか自分の誕生日に引っ掛けて1/2に出すことができました。

今年は・・息の長い、そして持続可能な・・
・・そんな活動をより、行なっていきたいとおもっています。
どうぞ、見守っていただくとともに
側方射撃をどうかよろしくお願い申し上げます。

2012.1.9  こーりきー  こと 高力一浩
  • このエントリーのカテゴリ : 体験
 

プロフィール

こーりきー

Author:こーりきー
信州・信濃町から森林メディカルトレーナーがお届けする森の時間・森の持つ力、田舎・雪国のすごさ・・・黒姫の山奥から高力がお届けしています(^^)

 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。