10 -<< 2017-11 -  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 -
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学のセミナー合宿

黒姫で毎年コミュニケーションキャンプを
13年も続けている
筑波大付属坂戸高校さんが
初めての・・・
ある意味日本で初の・・モデル的取り組みとして
現場での科学授業

実施しました。
今・・世界中で大事な「持続可能」
このキーワードをもとにすると
科学のほとんどの分野のフィールドが信濃町にはある
との先生の言で
実現しました。
信濃町のわかりやすいむき出しになった断層や
ナウマンゾウ
発掘に伴ういろいろな資料
火山の跡
生物の多様性ある森の数々

などなどが
すべてフィールドになりました
そして昨日はそれら地形を上から見る
ということと
これからの科学者は体も強く、心の健康が大事だというとで
最も難しいルートでの黒姫山登山がおこなわれました
私もガイドしましたが
朝七時半に出て、夕方六時45分に戻ってきました

生徒さんたちは大変だったでしょうが
火口原に降りて
黒サンショウウオの痕跡を見て
ワタスゲを見て
ヒカリゴケを見て
日本で一属一種のけし類の花を見て
勉強になったことと思います
また
一生忘れない思い出・・心や体に刻まれた原体験になったと思います

DVC00022_20110724113757.jpg

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 体験

コメント

No title

すごいフィールド!
それだけのものが
地域にそろっているのは
信濃町の財産ですね。
また、科学が部屋の中ではなく
外(現場)を重視されていることに
「自然と共存する科学」が
芽生えていくのかと思うと
これからが楽しみです。

No title

ニチコさん
そうなんです。
科学の分野がフィールドを大事にし始めたら
すごいと思います。。
これからが楽しみです。
自然と共存し
自然の中で生かせる科学
いいですねぇぇ



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

こーりきー

Author:こーりきー
信州・信濃町から森林メディカルトレーナーがお届けする森の時間・森の持つ力、田舎・雪国のすごさ・・・黒姫の山奥から高力がお届けしています(^^)

 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。