04 -<< 2017-05 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 -
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙高山へ

古くからの常連さんの要望で
小学校4年生の男の子を連れて・・
残雪の妙高山へ
さすがに・・・5時15分にはロッジを出て
燕登山道へ。
表側から登る・・・結構子供には危険だったり
鎖場が大変だったりして
何とか12時前に山頂へ。
時々景色が見え・・・まあまあ。でも途中で雨も、風も
そこそこに裏に向かって降りる。残雪はあるが、危険なルートはほとんどない・・
でも
段差に子供の足・・・時間はかかる。
そして雪渓
こちらは子供はすぐにうまくなる。逆にお母さんが急になえる・・・・うーーーん。
長の助池に出て、満開のハクサンコザクラに・・・大歓声!!
よかった(^^)
残雪を・・道に迷わないように進む
スピードが上がらない
そのうちお父さんが・・・子供の靴紐治して立ち上がったらぎっくり腰に・・・・ありゃりや
なんとしても7時までに下ろしきらないと・・・
いよいよ真剣
でもまあ、子供さんのがんばりもあって
ちょうど7時に降りてきた
山に13時間15分ほどいたことになるなぁ・・・・・

DCIM0011 (2)
DCIM0022 (2)
DCIM0033 (2)
10455866_641932182563737_4197034348488421860_n.jpg
DCIM0035 (2)

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 体験

コメント

No title

スリルたっぷりの妙高登山
お疲れ様でした!
常連さんにとっては一生忘れられない一日になったことでしょうね!

No title

ネクタイさん・・
そのとおり。スリルたっぷり!
子供さんは・・どきどきのスリル。鎖場なんて・・・怖い、下を向けないの連発
お母さんは、雪渓ではらはらどきどき
私たちは、日暮れに間に合うのかどきどき・・・

ハハ


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

こーりきー

Author:こーりきー
信州・信濃町から森林メディカルトレーナーがお届けする森の時間・森の持つ力、田舎・雪国のすごさ・・・黒姫の山奥から高力がお届けしています(^^)

 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。